本日の作業 · 2019/01/18
年が明けてからめっきり冷え込む日が増えました。 今週は再び玉ねぎの定植です。 ダンナがトラクターで耕している間は、 ひたすら苗取り。 あまり動かないので身体が冷えます(>_<) この時、必ず近寄ってくるのは、 鶺鴒(セキレイ)です。 1mくらいの至近距離までやってくるのですが、 スマホのカメラをかざすと飛んでいってしまうので、...

本日の作業 · 2019/01/14
今日は主人が町内会のお仕事、「三社の頭」という神事に参加、 ひたすら日本酒をお猪口に受け続ける、 というちょっと怖ろしい行事。 一方私はインターネットラジオというものに 初挑戦してきました。 淡路島玉ねぎと淡路島愛を語った30分。 改めて、 自分がこの島をどれだけ好きか、 実感しました。 多分これからもっと、...

本日の作業 · 2019/01/11
今日は、 飲食店様への販路拡大のための取材で、 南あわじ市地域おこし協力隊の小林康悦さんが、 ライターさんと来てくださいました。 小林さんは、 農家や漁業、製造業と飲食店などの卸先を繋ぐために 市内中を東奔西走され、八面六臂の大活躍のご様子。 ネット社会とはいえ島内にいると、 新しいお取引先を見つけるのはなかなか難しく、...

本日の作業 · 2019/01/08
今日は、今年から新しくお取り引きすることになった川西にある「トラットリア マッシ」の 田中シェフが当園に来てくださいました。 淡路島の野菜をたくさん使っているそうで、 淡路島でお店をやりたいくらい好きなんだそうです(^^♪ 来年の玉ねぎが植えてある田んぼで色々お話がはずみました。...
淡路島の西海岸通り(県道31号)はサンセットラインとも呼ばれ、 日本の夕日百選にも選ばれている慶野松原を始め、 ずっと夕日が沈む海岸線を走ります。 高速の淡路鳴門自動車道の室津PAからは、 わざわざ夕日を見せるためにPAを作ったのかと思うほど 素晴らしい夕日を見ることができます。 実は島内で毎日見る夕日も素晴らしいです。...

あさだ農園のこと · 2019/01/06
移住してから作るようになったおせち、 それは田作り(ごまめ)です。 イワシは昔、田んぼの肥料として使っていたそうで、 豊作を願う意味が込められていたのです。 市販の佃煮っぽい感じがあまり好きでなく、 作ったことがなかったのですが、 実際に作ってみると、 しっかりから炒りしてから最後にさっと味を絡めるだけ。 簡単で、美味しいではないですか!...

本日の作業 · 2019/01/04
新年明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします! あさだ農園は、今日から本格始動。 玉ねぎは元気です。 最初に植えたブロッコリーには蕾がついてきました。 今日は、 午前中に玉ねぎの初出荷、 その後、白菜の収穫でした。 白菜出荷は初めてで、 箱詰めの要領や優劣の見方など、 慣れない中での作業。...

本日の作業 · 2018/12/30
明日は玉ねぎの発送がありますが、今日で一応作業も終了です。 私は年末の買い出しに行きましたが、主人は冷たい風がときおり雹が降る中、 玉ねぎの苗や白菜、ブロッコリーの管理等に追われていました。 今年の淡路島あさだ農園を振り返ってみると。。。 1月 年明け早々にお借りする田んぼが増えた。寒波の中のレタス収獲と玉ねぎ定植で身体が冷えきる。...

今年はお正月もなるべく淡路島の食材で揃えようと思い、 昨日は年末の買い出し第一弾に淡路島の南端の港町、福良へ。 まずは「練り物屋」でかまぼこ。 ここは地元の加工食品会社オキフーズさんの直営店で、 「玉ねぎ天」や「じゃこ天」などの練り物をその場で揚げてくれるお店。 お正月用の紅白と入荷したばかりだというできたて焼き板を買いました。...

本日の作業 · 2018/12/28
淡路島は縦に長く、島の北と南では気候や土壌が違うので作られる作物も少し違います。 ここ南あわじは、三原平野という大きな平野が広がり、高い山もありません。 気候は瀬戸内式気候で、積雪や霜が降りる日も少なく、 冬でも日照時間が長く、山に遮られることなく風が島を吹き抜けます。(風は強い!) こうした環境から、淡路島たまねぎは生まれました。...

さらに表示する

■ 淡路島あさだ農園の「玉ねぎ・お米の通販サイト」はこちら

ホームページ:awaji-asada.jimdofree.com

通販サイト:awaji-asada.com

メール:asada@awaji-onion.xsrv.jp

TEL&FAX:0799-20-7570

住所:〒656-0531 兵庫県南あわじ市北阿万伊賀野1371-8